Webのお得な情報を紹介いたします!

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
花粉症を患っている、意外な年齢層についてです。
日本の子どもの40%が花粉症?そんな統計が出ていました。
大王製紙株式会社が、15歳以下の子どもを持つ全国の母親1000人を対象に、
「子どもの花粉症に関する意識調査」を実施したところ、15歳以下の40.6%
に花粉症の症状が見られたそうです。
そのうち81.3%は、9歳までに発症しているとの結果が出たそうですが、
今シーズンは花粉の飛散量が多いので、さらに増える見込み。
ところが、市販の花粉症の薬には強いものが多く、副作用も心配です。
『子どもでも安心』と言えるものが少ないのが現実です。
子供さんにあったものを選びたいものです。
『安心・安全!』
スポンサーサイト






早いものでもう2月も中旬です。
花粉に負けず元気に過ごしたいものですね!
花粉がいつから飛び始めているのか?こんな情報出ていました。
お住まいの地域の花粉情報を知って、しっかりと準備を備えていきましょう。

☆★ 各地域別!花粉情報 ★☆ 2011/2/14現在

【北海道地方の花粉解説】
スギ花粉の飛散は、3月下旬以降に道南(渡島半島)から
始まると予想されています。飛散量は函館周辺で昨年の4倍と
かなり多くなる見通しです。飛散のピークは4月中旬頃でしょう。
札幌や旭川などではあまり多くの飛散にはならない予想ですが、
4月下旬以降は全道的にシラカバ花粉の飛散が始まる見込みです。

【東北地方の花粉解説】
スギ花粉の飛散開始は東北南部で2月下旬~3月上旬頃、東北北
部で3月中旬頃と予想されています。飛散のピークは全般に4月
上旬頃の予想となっています。飛散量は昨年と比べて2倍前後と
なり、福島県や山形県では5倍前後に達する見込みです。

【信越地方の花粉解説】
この冬は寒さが厳しく、大雪となっているため、スギ花粉の飛散
開始は、新潟県では例年通りの2月下旬、長野県では例年よりも
遅い3月上旬頃となるでしょう。飛散量は例年よりも多くなり、
少ない飛散だった昨年と比べると新潟県で約4倍、長野県では約
8倍に達すると予想されています。

【関東地方の花粉解説】
すでに少量のスギ花粉が飛び始めているため、花粉症の症状が出
始めている方がいるかもしれません。先週末は雪の降る寒さでし
たが、今週は徐々に気温が上がっていく予想です。天気は変わり
やすく、雨の降る日もありますが、日差しの出る日は十分な注意
が必要でしょう。今年は予想される飛散量は昨年の5倍前後、山
梨県では約10倍に達する予想です。

【東海地方の花粉解説】
スギ花粉の飛散開始は、2月中旬~下旬頃の予想で、わずかに飛
び始めています。先週末は雪の降る寒さでしたが、今週は徐々に
気温が上がっていく予想です。天気は変わりやすく、雨の降る日
もありますが、日差しの出る日は十分な注意が必要でしょう。今
年の飛散量は昨年の10倍前後に達し、特に名古屋では20倍以
上にもなる見通しです。

【北陸地方の花粉解説】
厳しい寒さや大雪の影響で、今年のスギ花粉の飛散開始は例年よ
りも遅れる見通しです。北陸各地で2月下旬の予想ですが、気象条
件によっては早まる可能性もあるためご注意下さい。飛散のピーク
は3月中旬頃とみられ、飛散量は昨年の7倍前後に達する見込みで
す。

【近畿地方の花粉解説】
各地でごく少量の飛散がみられる程度です。この先、紀伊半島南部
から本格的な花粉シーズンに突入する可能性はありますが、今週は
気温が低い日、または雨の日があるので、急に増大するようなこと
はないでしょう。ただし、本格的な飛散が始まれば、飛散量は昨年
と比べて10倍以上、特に滋賀県では15倍を超える所もありそう
です。

【中国地方の花粉解説】
この冬、記録的な大雪に見舞われた中国地方ですが、スギ花粉の飛
散開始は山陰では例年より遅い2月下旬、山陽は例年通りの2月中旬
の予想です。ただ、気象条件によって本格的なシーズンはもう少し
遅れるかもしれません。飛散量はほぼ例年並みの予想ですが、昨年
と比べると3倍~6倍に達する見込みです。

【四国地方の花粉解説】
わずかながらスギ花粉が飛び始めています。先週は真冬の寒さが戻
りましたが、今週は、平年を上回る気温の日がありそうです。その
ため、高知県など本格的に飛び始めるところがあるでしょう。飛散
量はほぼ例年並みですが、昨年と比べると3倍前後に達する見込み
で、十分な注意を要します。

【九州地方の花粉解説】
わずかながらスギ花粉の飛散が始まっています。先週は、真冬の寒
さが戻りましたが、今週は徐々に寒さが緩むため、九州南部を中心
に飛散が本格化しそうです。今年の飛散量は昨年夏の日照不足と大
雨の影響で、例年並みか例年よりも少ないとみられますが、決して
少ない量ではありません。花粉症の方にとっては要注意レベルです。

(yahoo!天気情報より)

【花粉症の自己防衛策-2】

【今年の花粉予報はなんと昨年の10倍とのことです、早めにサプリメントや市販薬をお使いになるとともに自己防衛策も必要です。】続編・・・・・

1、やはり規則正しい生活を!睡眠を十分とりストレスをためない!(健康、体力1番)
2、食事は肉類(たんぱく質の多いもの)はなるべくさける。
3、酒・タバコは控えめに!(鼻の粘膜を刺激→悪化とのコト)
4、乳酸菌をとりましょう!(症状を緩和する働きがあるとのコト)
5、自分の生活スタイルに合った”花粉症対策品”を試してみる。
  (amazon.co.jp"花粉症対策特集”)
【花粉症の自己防衛策】

今年の花粉予報はなんと昨年の10倍とのことです、早めにサプリメントや市販薬をお使いになるとともに自己防衛策も必要です。
一般的なことですが・・・・・
1、外出から帰ったら、”うがい””手洗い””洗顔””目や鼻の中を洗う”をこまめに。
2、外出は”なるべく”控える。
3、外出時は、花粉の付着しにくい綿等の”すべすべ”したものを着用する。(帽子も効果的)
4、窓は空けないようにし、室内は空気清浄機を使用する。(加湿も効果的)
5、洗濯物や布団は外に干さないようにする。
6、規則正しい生活でよく睡眠をとる。
7、マスクやメガネは花粉専用のものを使用する。(内側にガ-ゼも効果的)(コンタクトよりメガネ)
8、重症の方は病院で治療を。

以上、もうみなさんご存知のことですが実践してください。
自分は”花粉症は大丈夫”という方も今年は注意が必要と思われます。
皆さん十分注意をしましょう!



<ぶどうから抽出した天然物質「植物性乳酸菌」が花粉症の症状軽減!!眠くなる成分は一切なし
「ぶどうすっきりん」







医薬品ではないので持続時間は長くはありませんが、眠くなる成分は一切入っていませんのでお子様からご年配の方まで安心して使えます。
すっきりとし、仕事や家事がはかどり運転も快適!
ぶどうから抽出した天然物質「植物性乳酸菌」による天然ポリフェノールパワーで、鼻のぐずぐずを減らして、おなかの中から整え、体の中からキレイを目指します。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。